転職には、転ばぬ先の杖も大事です

会社の事業縮小によるリストラ、上司や同僚との人間関係、長時間勤務、事業方針の転換、家庭的な事情、健康上の理由、給与や部署などの待遇への不満、不本意な評価、自分自身のスキルや能力不足等など、転職のきっかけは人によって様々です。

転職は安易にすべきではない、とする昔ながらの日本の風潮は、転職を繰り返す事は決して、優位には働かないと言うのが現状ではないでしょうか。

その点、アメリカの事情は大きく異なります。転職=スキルアップは高学歴の人々さえも、積極的に、頻繁に行なっている、言わば、当たり前の事です。職を変えながらより良い条件の職で高い地位や、年収、そしてベストな環境を手に入れようと、人々は躍起になってスキルを磨き、自分の持ちうる能力の限界に挑戦する、それが又、歓迎される風土だと言うのが、アメリカなんです。

いずれにしましても、転職を考えている場合、先ず、どんな現状に自分の気持ちが満たされていないのかを、よく考えてみましょう。それが転職する際、何が出来るか、何がしたいかに答えを出す事に繋がるからです。退職はそれからでも遅くはありません。経済的、精神的な負担の軽減の為にも、可能ならば、在職中に次の仕事先を探す努力をする事です。

◯転職ガイドサイトリスト

転職エージェントの人気ランキングサイト
転職エージェントランキング

正社員の求人に特化した転職サイトランキング
正社員転職エージェント

女性の転職に特化した転職サイト
>女性の正社員転職サイトランキング

転職でお悩みならきっと役に立つのでどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です